幕末巡り。

幕末・維新の史跡を巡る

私の聖地 萩市にふるさと納税してみた

ふるさと納税って肉とか酒とか米とか貰えるやつでしょ?」という認識でしたごめんなさい。

 

ふるさとチョイスという、ふるさと納税ができるサイトの検索欄に何気なく「吉田松陰」と打ち込んだらなんと幕末・維新のお勉強ができる本たちがあったのです!

 

山口県萩市 - 「明治維新150年」セット | ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス]

 

一万円だと「吉田松陰」・「幕末維新」セットで、二万円だと「明治維新150年」セットが貰えます。

私は二万円の「明治維新150年」セットでふるさと納税しました。はじめて私にとっての聖地である萩市に納税しました。

 

すると思っていたより早く届きました。


f:id:tasu_tasu:20180821220400j:image

 



f:id:tasu_tasu:20180829221404j:image

 

薄い冊子だけれども中身ぎっしり!しかも少し難しいぞ......

 

ちなみにラインナップは

 

 

少しずつ読み進めていこうと思います。

 

高知県北川村にふるさと納税してみた

ふるさとチョイスから、中岡慎太郎先生の故郷にふるさと納税してみた。

 

中岡慎太郎館オリジナルグッズセット。其の一  【中岡慎太郎館】

高知県北川村 - 中岡慎太郎館オリジナルグッズセット。其の一 【中岡慎太郎館】 | ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス]

 

お酒や食べ物のふるさと納税に興味がなかったので今まで調べたことが無かったが、なんと時勢論の解説書が返礼品にあったとは!

 

注文したらすぐに届いた。


f:id:tasu_tasu:20180822130420j:image

まず包装紙が素敵!


f:id:tasu_tasu:20180822130446j:image

欲しかった時勢論の解説書。

5000円のふるさと納税で、以下のものが頂けた。

  • [時勢論]解説書 × 1冊
  • クリアファイル(正座)×1枚 (笑顔)×1枚
  • オリジナルヒノキのストラップ ×1個

なにより中岡慎太郎先生の故郷に納税できたことが嬉しい。


f:id:tasu_tasu:20180822130705j:image

そして観光案内パンフを付けてくれている。観光案内冊子にある「日本を変えた慎太郎の生まれ故郷をさんぽ。」のページを見て、やばい行かねば!と思ったので近々時間とれたらいこうと思います。

 

待っててね北川村!

【史跡巡り】山口県の幕末の史跡を3日間で巡る その1 移動方法と3日間の概要

いつか行きたいと思っていた場所、山口県。幕末の史跡を巡るのに欠かせない場所だ。

でも「山口県は広いし、史跡は多いし、時間も無い」と今まで行くことができていなかった。

だが昨年2017年、JR西日本から「やまぐち幕末ISHINきっぷ」という素敵なパッケージが販売されていることを知った。(今年2018年も売られていた!また行かねば!)

 

f:id:tasu_tasu:20180803141226j:plain

 

このきっぷを使うと、新神戸発着の場合に以下のことが21,000円でできる。ケチなので計算して、圧倒的にお得なパッケージであることを確認した。

  • 新神戸駅から山口県の新幹線が停まる駅までの新幹線往復。行きは新神戸新山口、帰りは新下関新神戸と、山口県内の新幹線利用駅を行きと帰りで変えることができる。
  • JR線の山口自由周遊区間の3日間利用。もちろん有名な史跡処はこれで事足りるようになっている。
  • 「スーパーはぎ」号の利用。新山口駅から萩までの直通バス。萩は外すことのできない聖地なのでこれは本当に大切。
  • 萩循環まぁーるバスの3日間利用。萩での史跡巡りに大活躍。
  • その他バスの利用。(山口自由周遊区間に限る)

他、詳しいことはパンフレットで確認してください。昨年度と内容違うかもしれないし。

だいたい上記の内容でメジャーな史跡巡りは事足りるようになっている。ありがたい。

 

f:id:tasu_tasu:20180803143432j:plain

 

私が実際に旅をしてみて、追加で移動にお金を使ったのは以下。

  • 萩で利用したホテルから恵美須ケ鼻造船所跡、萩反射炉へのタクシー移動代
  • 小月駅から東行庵へのバス移動代

  • しものせき観光1日フリー乗車券720円(サンデン交通)。下関周辺のバス利用がこのパッケージに含まれていないことが唯一残念だった。これが無ければ高杉晋作の足跡を辿ることはできない。 

 

まぁそんなわけで、「やまぐち幕末ISHINきっぷ」という良いパッケージを知ったので急遽2017年12月に2泊3日の弾丸やまぐち幕末巡りを行ってきた。(おすすめは冬以外。なんせ寒い。それに東行庵は花の美しい場所なので……)

 

以下、おおまかな旅の概要を記載する。(詳細は以降の記事に記載予定)

1日目@萩

 新神戸駅新山口駅(新幹線)

 新山口駅→萩(スーパーはぎ号)

 萩の史跡巡り

 萩泊

2日目@萩・防府・下関

 萩の史跡巡り

 萩→新山口(スーパーはぎ号)

 新山口防府(JR)

 防府天満宮

 防府→下関(JR)

 下関泊

3日目@下関・唐戸・長府・小月

 下関・唐戸・長府の史跡巡り

 長府→小月(JR)

 東行庵

 小月→新下関(JR)

 新下関新神戸(新幹線)

 

当初行く予定だった岩田の伊藤公記念公園は時間の都合で断念。次回リベンジしたい。

なんせ萩をなめていた。見るところが想像以上に多いし、現地のガイドのおばさま方(たぶんボランティア)の幕末豆知識が素晴らしい。ついつい話を聞いてしまう。とても丁寧に教えてくださりありがとうございました。萩を大好きになりました。また行きます。

 

先に書いておきますが、山口県は幕末の史跡の宝庫なので、3日間でマニアックなところまでは行けません。山奥の大板山たたら製鉄遺跡とか。

ただ、今回の旅で3日間で行ける場所MAX盛り込んだので、これから旅する方の参考になれば良いなと思って記事を書いていきます。

 

(つづく)